おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

その金をここに差し出したまへ-安立スハル歌集を読む

安立スハル歌集「この梅生ずべし」にある歌。
  ある人の言葉、おのづから歌になりて の、詞書き(ことばがき)あり。

 金にては幸福はもたらされぬといふならばその金をここに差し出したまへ

ある人の言葉、と言っても、強い共感があったればこそ拾い上げられた言葉だろう。「幸福は金では買えない」とはよく言われることながら、世の中の不幸の多くが金で解決することもまた真実であり、「そう言うならその金をここに出して見なさい」。
歌にし難い金銭のことを、このように詠った人を他に知らない。

 細君の縫ひたるらしきシャツを着て励む大工をよしと見て立つ
 車窓に来る青田に草を取る農婦人知れず生き且つ死にゆかむ
 もののはずみに何か亢ぶり医者などに盲従はせずと言ひてしまひぬ
 努力さへしてをればよしといふものにもあらずパセリを刻みつつ思ふ
 ある時は恚(いか)りて硯をぶつけしとふ樋口一葉がよき仕事しぬ
 確信して疑はざるを愚者となすわれの心を知らば恚らむ
 ちかぢかと鳶鳴きしこゑわが内より出づる叫びのごとく聞きたり
 みずからの無知を知るにもある程度の理知なるものを必要とする
 生きるとは諦めぬこと樫の木に低く鳴る風を聞きて戻りつ
 この町には自由に道をゆききする仔牛居て眼のむらさき澄めり
 自が植ゑし山草を日々に目守りつつあるかなきかのごとくに生くる

若い日を長く病んで過ごした作者の目は内へ内へと向かわざるを得ず、「人なき辺にあっても私自身のために書かざるを得ない歌」「光が無いならば私は自分でそれをつくり出すほかはない」などの言葉も残している(あとがき)。

いわゆる結社のなかにも、真に「ほんとうの歌詠み」はそんなに多くは無いものだ。
安立さんはほんとうの歌読みであった。
師の没後、居づらくされたものの中に、安立さんは歯を食いしばって生の終わりまで結社にとどまられた。残るも辛く、去るも辛い選択、私は何年か我慢しただけであった。直ちに去った人もあり、そのつよさを私は羨んだ。

追記
ネットで見たところ、「安立スハル全歌集」が2007年か8年に出ている(10500円)。絶版で、いまのところ手に入れる手だてはない。せめて読みたい。県立図書館に問い合わせてみよう。
結社を離れるということは、その世界では死とおなじことなので、こんなざまである。
その中にあるという歌。
  間違って生きてゐるかも知れぬけどこのままゆかむぶつかってゆかむ
  大切なことと大切でないことをより分けて生きん残年短し
  長生きをするといふのは知る人がどしどし死んでゆくといふこと



by buribushi | 2012-07-28 07:28 | 本・短歌など | Comments(6)
Commented by kazuyoo60 at 2012-07-28 11:23 x
人様の生き様が歌となり、それをこうして再確認されてます。やっぱり出会わないと、見聞きのうちに無いと、自省は出来ませんね。
Commented by coralway at 2012-07-28 18:59 x
「幸福は金では買えない」と言われると、そりゃ〜そうだけど・・と思いますね。

ところが、安立スハルさんの歌を読めば、そのとおり!!ですねぇ。

この方、歌集は一冊だそうですが、以降の歌はどうなっちゃうんでしょ。

結社って、文学的な結びつきだけではないってことでしょうか。

うーむ。

ともかく、安立スハルさん。覚えておきます。ありがとうございます。
Commented by buribushi at 2012-07-28 19:56
kazuyoo60さん
若いとき何年も病臥されたようです。深い人間観察もそれでなさっていたのでしょうか。
Commented by buribushi at 2012-07-28 20:07
coralwayさん
安立さんは歌集を1冊しか残されませんでした。
やはり病気と独身という共通点のある、ある作家は、没後妹さんがいい歌集を出されました。
作者と同じ位、似た感覚がなかったら難しいことかと思ったり、いや、本当の歌の仲間がいたら可能と思ったり。
追々に好きな歌集を紹介して行きたいんですけど、私も関わって作った遺歌集もあります。
結社の若い時代は、年齢も性別も社会的地位とか職業とかも、なーんにもかかわらない、ただ「歌の仲間」としての付き合いがありました。ここは別世界だと嬉しかったものです。
でも、結社が古くなってくると、狭い世界だけに娑婆より娑婆くさくなってしまうものだということを知ってしまいました。
43年在籍した結社を去った、その踏ん切りは、沖縄へ通ううちにつきました。
安立さんのことを知ってくださって嬉しいです。
Commented by 居酒屋猫まみれ at 2012-07-28 23:36 x
歌の事はまったくの素人なのですが、
この方の歌。
まるで描きためたスケッチブックを覗いているようです。
するすると情景が浮かんで何だか心地いい。
集団やら派閥やらに属する事は、安心でもあり束縛でもありますね。
好きな物や目指す物が同じ者同士がわいわいと仲良くしているうちは
楽しいですが、
いずれ仕切り屋さんが出てきたり、派閥ができたり、
この世の常なのでしょうが....。
Commented by buribushi at 2012-07-29 10:56
居酒屋猫まみれさん
そうですね、読んで心地いいのがいい歌だと思います。
尊敬する蒲池由之という人がいましたが、「歌集には二種類あります。いい歌集とそうでない歌集です。見分け方は簡単で、しまいまで読めるのがいい歌集です」と、ハガキに書いてくださいました。
どう努力しても読み続けられないような歌集を寄贈され、なんとか読んで礼状を書かねばならないつらさから逃れたことは、結社を離れたことの美点です。
カンチガイ集団が出来て、歌をやっているだけで自分をゲージツ家と思っていたり。
派手な服、紫に染めた髪、両手に指輪、なんていう老婆が集団で歩く異様な歌会についていけると思う?

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

ウチのヤマボウシは何が気..
by mikeblog at 23:01
最初のトラ猫は五ーちゃん..
by mikeblog at 22:55
>なんとか中止にならない..
by mikeblog at 22:46
sakkoさま あなた..
by buribushi at 21:55
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 21:47
体調、まだ本調子に戻りま..
by sakko at 20:33
本調子でいらっしゃらない..
by kazuyoo60 at 19:03
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 12:36
トラネコちゃん良い顔して..
by kazuyoo60 at 08:49
うまこさま あまりにも..
by buribushi at 22:20
心の養いになった沖縄は ..
by yamamotoyk at 22:03
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 18:20
ミミの父さま 行ってき..
by buribushi at 18:16
赤いヒナゲシ、可愛い花で..
by kazuyoo60 at 09:36
お帰りなさい。 前に強..
by ミミの父 at 21:50
ミケさま続き。 月桃(..
by buribushi at 21:31
ミケさま 花たちがどう..
by buribushi at 21:24
お帰りなさい、待ってたよ..
by mikeblog at 21:08
うまこさま 一本立ちの..
by buribushi at 06:26
うまこさま 安切符専門..
by buribushi at 22:14

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ