おしゃべりきものⅡ-または、おしゃべりねこ

リコリス・スクアミゲラ

a0203003_2051862.jpg















植えたことも忘れていた花が、すうっと伸び上がって咲いた。夏水仙だ。
この花を夏水仙とか、八代草を夏リンドウとか、そういう呼び方が好きではないので、本名を探したんだけど、やっぱりどこでも夏水仙で出ていた。リコリス・スクアミゲラはその正式名。
水仙の花、というものに印象が深いので、どこから見てもキツネノカミソリやヒガンバナの仲間、リコリス類だと思われるこの花に、別のふさわしい名はないものか。
(リコリスはヒガンバナ科ヒガンバナ属の総称だそうだ。)

キツネノカミソリはお盆頃、ヒガンバナはお彼岸頃、咲き出すのだが、去年の夏も雨不足だったせいか、キツネノカミソリが一ヶ月近く遅れた。これだけ雨がちの天候が続くと、ひょいと出ているかも知れないから明日よく見よう。

キツネノカミソリは面白い名で、何の不満もない。ヒガンバナはやや当たり前の名だが、曼珠沙華という素敵な名があるから、これもいい。
夏水仙だけ、不承知なの。スクアミゲラのほうで内心、呼んでおくから、どこかに素敵な地方名でもあるなら、知りたい。

追記
宇都宮貞子の「夏の草木」によれば、長野県戸隠ではナツズイセンをゴバヨロ、ゴバイロなどと呼ぶという。ヨロは百合の方言的発音、イロはその変化だと思うが、ゴバが何なのかはわからない。
意味が分からないこととともに、呼び方として採用したいとは思わない語感だった。
ただ、好感を持つのは百合と呼んでいるところで、見かけも、季節も、水仙より百合と言われるほうが抵抗がない。



by buribushi | 2011-08-25 20:06 | 草・木・花 | Comments(8)
Commented by 居酒屋猫まみれ at 2011-08-25 23:50 x
リコリスというと、どうも変ちくりんな外国のお菓子を思い出してしまいます。
黒くて蜷局を巻いたグミキャンディみたいな...。(ミニチュアのイラブーみたいよ)味は、好みじゃないです。
でも調べたらそちらはスペインカンゾウという植物が由来している物でした。
こちらは愛らしい色のお花ですね〜。初めて見ます。背の高いお花ですか?  姉様のお庭、いろいろ咲いていいなあ。
台風が2個も北上中で、12号の行方が気になるところです。
湿度が高くて気持ち悪く、何だか頭痛がしてきました。
玉吉はやんちゃ盛り。夜中に私の足を遊具にするのです。
腰の後遺症で足の親指はこの20年ずっとうすら痺れているので、
これを噛まれるとたまりません!
Commented by buribushi at 2011-08-26 09:19
見かけがミニチュアのイラブーでは、味は知らなくても謝っといたほうがいいみたいですね。
この花はすうっと背が高い(60~70センチ)です。
リコリス類のほとんどがそうであるように、葉っぱの時季に花は無く、葉が枯れて無くなってしまった地面からすっ、と出て来ます。子どもの頃から見ている花ではありますね。

昨夜土砂降りの雨。雨が欲しい雨が欲しいと言っておいて何ですけど、あの、もうそろそろ・・・
あんな降り方をしたら、大根を蒔いても流れてしまいます。

玉吉くん足、囓りますか。そういうお年頃、か。
ピースが来たばかりの頃、抱っこしようとしても、撫でようとしても逃げる癖に、夜になると身体の上を踏んづけて行ったり来たり、足をかじったり、延々とやっていました。
Commented by kazuyoo60 at 2011-08-26 10:21 x
リコリス・スクアミゲラ、今年は7月終わりから咲きだしました。今ほんとに残り花が僅かです。何本も咲いてくれて重宝しました。
キツネノカミソリもお持ちなのですね。野生で過去に1回見ただけです。ブログでは咲いてるのを拝見しています。
赤い花ならマンジュシャゲ~♪、メロディーが出てきます。父が歌好きだったものですから。
水仙のイメージからは遠い、花が大きいですものね。
Commented by buribushi at 2011-08-26 11:11
7月からですか。やはりそちらは早いのですね。
これが最初の花で、蕾があと何本かあります。
キツネノカミソリは隣町の、海が見える道に群生地があって、一面に咲きます。うちのも、そのはじっこから少し掘って来たのが殖えたのです。
その近くにセンニンソウの群落、ナワシロイチゴの群落とあって、私にとってはすばらしい道ですが、イチゴも私以外採る人はいないようです。
センニンソウはクレマチスの一族なんですよね。クレマチスの本に、センニンソウを大きくしたような花も載っていてあこがれました。
家の藪にもあります。1本だけだったので、去年挿し芽して数を増やし、また植え込んで置きました(笑)。
Commented by 居酒屋猫まみれ at 2011-08-26 12:07 x
(会社の昼休みです)
♪阿蘭陀屋敷に雨が降る〜
『長崎物語』ですね〜。私も好きな歌です。
リコリス・スクアミゲラ。彼岸花の仲間なのですね。なるほど、
すうっとした様が想像できます。
もうじき、彼岸花の季節ですね。
Commented by buribushi at 2011-08-26 20:32
この花も、キツネノカミソリも、ヒガンバナも、葉っぱの時季は葉っぱだけ。葉っぱが何にもない時季にいきなりにょきにょきと出て来て咲く。という特徴がありますね。
これ、お隣から球根を頂いて植えて、忘れていました。
ヒガンバナもいっぱいあるんですよ、うちに。
Commented by ミミの父 at 2011-08-26 21:17 x
おっと!。もう更新していましたが
ナツズイセンの別名、素敵ではないのですがこんなのがありました。
http://kawasakimidori.main.jp/webzukan/natuzuisen.html
沖縄いいですね。本島だけですが一度行ったことがあります。
34回は凄いですね。
Commented by buribushi at 2011-08-26 22:12
ミミの父さま、ケイセイバナは傾城花でしょうか、書きませんでしたが他でオイランバナというのを見ました。同じ感覚の名かと思います。
この花の、ちょっと日常的でないような妖しい?きれいさから来るのでしょうか。

沖縄中毒と称しております。小生活者、どうして34回行けたのかわれながら分かりません。今年はまだ行っておらず、秋には・・とネラッテいます。

日々の気楽なおしゃべりです
by すばる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

すばるさん、こんにちは。..
by itotohari at 11:35
垣根に沿って植えこまれた..
by kazuyoo60 at 08:28
台風だ、雨だと騒いでいて..
by sakk0 at 00:04
ミケさま >何十年も ..
by buribushi at 22:17
何十年も毎日食べ物を作っ..
by mikeblog at 17:49
kazuyoo60さま ..
by buribushi at 14:09
sakkoさま 捨て始..
by buribushi at 14:06
ミケさま 古さも古し、..
by buribushi at 10:05
ミケさま 野沢菜が作れ..
by buribushi at 10:01
白玉粉を使うことは何十年..
by kazuyoo60 at 09:19
断捨離、まだまだ続きます..
by sakk0 at 00:30
お祭りの大きい提灯は高張..
by mikeblog at 23:05
今年は今のところ野沢菜が..
by mikeblog at 22:53
kzuyoo60さま ..
by buribushi at 11:03
あい、ihciat! ..
by buribushi at 10:59
sakkoさま ハナキ..
by buribushi at 10:45
トゲナシハナキリン、花が..
by kazuyoo60 at 10:36
ハナキリン元気に育ってま..
by ihciat at 08:54
ハナキリンは良いですね。..
by sakk0 at 08:39
kazuyoo60さま ..
by すばる at 08:25

メモ帳

◆gardening
   ☆kazuyoo60さん
     のブログ
◆ネコと飼い主その職業と
  趣味

   ☆ゴンベイさんのブログ
◆元気そうじ屋
   ☆片付け・そうじ屋さん
     のブログ
◆掟破り*キモノ日記

   ☆華宵さんのブログ
◆なんでもかんでも手帳

   ☆ミミの父さんのブログ
◆東成瀬通信「んだすか。」

   ☆杉山彰・あおい夫妻
     のブログ
◆気まぐれフォトダイアリー

   ☆咲さんのブログ

ファン

検索

ブログパーツ